『もし君にできるのならば、
(悪いことをした人間を)改心させよ。
もしできないならば、かかる場合のためにこそ
寛大というものが君に与えられているのだ、
ということを思い起せ』


マルクス・アウレリウス (ローマの皇帝・哲学者)


幸せのヒント 「人を変えたい?

  マナーが悪い人、モラルがない人、無神経な人、
  意地悪な人、口が悪い人、思いやりのない人、・・・。

 このような人に、腹を立てたりイライラしたりしてしまうのは、「相手を改心させたい」「相手を変えたい」という思いが心の中にあるからではないでしょうか。

 人を変えるのは難しいことです。
 悪いことをする人に、しないように直接注意しても、改心する人は少ないでしょう。
 注意された相手が怒って(逆ギレして)トラブルになってしまうリスクもあります。

 相手を変えようとしないのなら、あまり腹を立てたりイライラしたりしないほうがいいでしょう。
 そのためには、人を変えるのではなく自分の考え方を変えて、そんな人のことは(心の中でも)相手にしないほうがいいのではないでしょうか。
 「こんな人もいる」「こんな人のためにイライラするのは損だ」などと。


more hint! 「イライラさせる人がいる

「人間関係」に関する名言

  『他人を変えようとするところから発生する』 コンクリン

  『あの人たちのために、どうして私がわずらわしい思いをするのだろう』 ダイアー

  『議論などは、よほど重大なときでないかぎりしてはならぬ』 坂本竜馬

  『社交の秘訣は、真実を語らないということではない・・・』 萩原朔太郎



    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ