名言から学ぶ幸せのヒント 人名別【な】


 中川翔子

『生きた証しを残したい』


 中島義道

『失敗は人生の免疫である。味わい尽くし分析せよ』


 中田英寿

『どう思われてもいい、どう批評されようが、自分がよければいい』


 中谷彰宏  自分塾

『人生は、理想と現実の間を揺れ動く旅です』

『人間の成長とは、・・・ムダな鎧をはいでいく作業だ』

『目的か、手段か、やる気か。できない理由は3つ』

『テーマをなにももっていない人間は、いくら本を読んでも、・・・』

『どうせ解決しない悩みなら、考えない』

『きれいな景色を見たければ、まず窓を拭くことだ』


 長沼毅

『しなかった後悔より、した後悔』


 中原中也

『幸福は和める心には一挙にして分る。・・・』


 中村天風

『一度だけの人生だ。だから今この時だけを考えろ』

『他人の喜ぶような言葉や行いを自分の楽しみとする』

『心も身体も道具である』

『欲望には苦しい欲望と楽しい欲望と二色あるんだよ』

『楽しい心は、苦しい心を同居させない』

『すべてを感謝して生きているとしたら、その人は幸福なのである』

『感謝と喜びで人生を考えるよう習慣づけよう』

『第三者の立場に立って考えられるように習慣づけなさい』

『幸福というものは客観断定にあらずして、主観の断定にある』

『生活の中の情味を味わい得なければ・・・』

『本当の幸福とは、自分の心が感じている、平安の状態をいうのだ』


 中村正人

『目の前のことを必死でやれば、何かが次につながる』


 永守重信

『失敗からリカバリーの努力をしないことのほうを叱るべきだ』


 山中鹿之助

『願わくば我に七難八苦を与えたまえ』


 中山晋平

『誰でもその人らしく振る舞えばいいのさ』


 夏目漱石

『人間の目的は生まれた本人が、本人自身のために・・・』


 鍋島直茂

『我が気に入らぬことが、我がためになるものなり』


 ナポレオン

『幸福とはその人間の希望と才能にかなった仕事のある状態』

『人間を動かす二つのてこは、恐怖と利益である』

『私は何か問題を考えたい時、心の引き出しを一つ開ける』

『なにかをやらせたいと思ったら、いちばん忙しい奴にやらせることだ』









    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ