『喜ぶ』 名言から学ぶ幸せのヒント キーワード別


『<よろこび上手>こそ苦しい世に生きていく知恵なのだ』 五木寛之

『一日に一回、どんなことがあってもよろこぶ。そう決心しました』 五木寛之

『よろこぶ、というのも一つの習慣じゃないでしょうか』 五木寛之

『喜びを存分に味わうには、誰かと分かち合わなければならない』 マーク・トウェイン

『喜びを人に分かつと喜びは二倍になり、・・・』 ティートゲ

『私はたえず喜びを求めながら生きている』 本田宗一郎

『自分の喜びを追求する行為が、他人の幸福への奉仕に・・・』 本田宗一郎

『自分でも何かのお役に立つのだ。このことは喜びである・・・』 武者小路実篤

『与えることは最高の喜びなのだ・・・』 ウォルト・ディズニー

『誰かがよろこんでくれる、ということがなかったら・・・』 糸井重里

『平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である』 カント

『本当の喜びは、味わいの中にある。物事の中にあるのではない』 ラ・ロシュフーコー

『喜んで行い、そして行ったことを喜べる人は幸福である』 ゲーテ

『悦びは人生の要素であり、・・・人生の価値である』 ケプラー

『感謝と喜びで人生を考えるよう習慣づけよう』 中村天風

『感動いっぱい、感激いっぱいのいのちを生きたい』 相田みつを

『人間は笑う力を授けられた唯一の動物である』 グレビル

『喜びが後回しになるのは、楽しい苦しみだ』 パブリアス・シラス

『この世のもっとも純粋なよろこびは、他人のよろこびを見ることだ』 三島由紀夫


    ◇「楽しむ」ことに関する名言集

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ