名言から学ぶ幸せのヒント 人名別【い】


 池谷裕二  海馬

『問題はひとつずつ解こう』

『「これが、他人の悩みだったら……」が悩みを解決するコツ』


 池田晶子

『生きていることが素晴らしかったりつまらなかったりするのは』


 池波正太郎

『未熟ということは大切なんだよ。天狗になったらおしまいだよ』


 石川達三

『結婚の理想は互いに相手を束縛することなしに・・・』

『幸福は常に努力する生活の中にのみあるのだ』


 イソップ

『親切はどんなに小さくても決して無駄にならない』

『言ってきかせる方が、無理強いするよりも、ききめの多いことがある』

『無茶に怒ってはいけません』

『困難なものごとは時が解決する』

『しばしば受難が人間には学問となる』


 市川団十郎(5代目)

『我が思ふほどは人はこまかに見ず』


 市村清

『人の行く裏に道あり。その道に徹すれば、必ず道は開ける』


 イチロー

『ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行く・・・』

『積み重ねていかないと、遠くの大きな目標は近づいてこない』

『今自分がやっていることが好きであるかどうか・・・』

『関心を持っていてくれるからうれしいんです』

『しあわせって、自分を大切にすることから』


 五木寛之  生きるヒント』『人生の目的』『大河の一滴

『人生の目的は、「自分の人生の目的」をさがすことである』

『人生の目的の第一歩は、生きること、である』

『<よろこび上手>こそ苦しい世に生きていく知恵なのだ』

『一日に一回、どんなことがあってもよろこぶ。そう決心しました』

『よろこぶ、というのも一つの習慣じゃないでしょうか』

『一つずつの行為を十分にあじわいながら、その一瞬を大切に過ごす』

『あじわう、ということは、どんなささやかなことでも・・・』

『自己を肯定し、自己を認めてやり、自己をはげまし、よろこばせること』

『自分自身を囃し自分自身に相づちを上手に打てる・・・』

『人間は誰でも自分がいちばん大切なのです』

『夢見ることは、人間にとって大事なことです・・・』

『人間これという一つに打ちこんだら、驚くほどのことができる』

『人間にとって自由になることとならないことがある』


 一休宗純

『この道をいけばどうなるものか・・・迷わず行けよ 行けばわかるさ』


 糸井重里

『「バカになれる」ということが、人間には大切』

『誰かがよろこんでくれる、ということがなかったら・・・』


 伊藤肇

『仕事のできる人間とは楽しく仕事をする人間のこと』


 稲盛和夫  生き方

『人生というドラマにおいては、自分を主役にして脚本を・・・』

『楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する』

『可能性とはつまり「未来の能力」のこと』

『そうであろうと努めること、それ自体が尊いのだ』

『悩まないことが悩みから脱却するための最善の方法』

『一日一日をど真剣に生きる』

『人生というものをひと言でいえば、心を高めるプロセスである』


 伊能忠敬

『後世の役に立つような、しっかりとした仕事がしたい』


 井上靖

『努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る』


 茨木のり子

『自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ』

『人間だけが息つくひまなく動きまわり・・・』
















    名言から学ぶ幸せのヒント

幸せのホームページ